働きたい、と思われる魅力ある企業へ エンプロイヤーブランド

エンプロイヤーブランドへの取り組み

エンプロイヤーブランディングは、労働者が減少していく日本において、これまでになく重要になっています。Randstad は30カ国で20年以上にわたりエンプロイヤーブランドリサーチを行ってきました。エンプロイヤーブランドを高めることは、優れた企業イメージを構成すると同時に、職場環境の改善を重ねることで、「働く人、家族、求職者にとって真に魅力ある企業」を目指すことになります。ランスタッドは、エンプロイヤーブランディングに関する様々な情報提供とクライアントの人々と文化を目に見えるようにするためのサポートも推進しています。

エンプロイヤーブランドリサーチレポート

年に一度実施しているエンプロイヤーブランドリサーチ結果をご覧いただけます。
HubSpot Video

エンプロイヤーブランドとは、「勤務先としての企業の魅力度」を示します。

企業の魅力が高まれば、良い人材が集まり、企業の成長に繋がります。
企業が成長するために、エンプロイヤーブランドは欠かせないとランスタッドは考えています。

詳しく見る

img_01

国内レポート(日本版)

詳細ページより2022年の日本版のレポートをダウンロードいただけます。
従来の雇用主の魅力調査に加え、新型コロナウィルスの従業員へのエンゲージメントの影響などのレポートを追加しています。

詳しく見る

img_02

企業レポート(日本語版)

調査対象企業212社様のエンプロイヤーブランディングレポートを請求いただけます。

(対象企業様の自社レポートのみ)レポートでは、該当企業で「働きたい」と回答した層の年代、性別、教育水準別の結果や、所属する業界を軸に、競合他社との比較から、エンプロイヤーブランドを改善・向上するための優先順位などの情報がまとめられています。

詳しく見る

エンプロイヤーブランド 担当者セッション

エンプロイヤーブランドに取り組む担当者の皆様とのセッションをご紹介いたします。
『Amazonの採用マーケティング×エンプロイヤーブランディング 試行錯誤とこれから』 レポート③
『Amazonの採用マーケティング×エンプロイヤーブランディング 試行錯誤とこれから』 レポート③
『Amazonの採用マーケティング×エンプロイヤーブランディング 試行錯誤とこれから』 レポート②
『Amazonの採用マーケティング×エンプロイヤーブランディング 試行錯誤とこれから』 レポート②
『Amazonの採用マーケティング×エンプロイヤーブランディング 試行錯誤とこれから』 レポート①
『Amazonの採用マーケティング×エンプロイヤーブランディング 試行錯誤とこれから』 レポート①

ケーススタディ・インタビュー

さまざまな企業のエンプロイヤーブランディングの事例や、インタビューをご紹介いたします。
「ここで良かった」と思われる工場を目指して。“健康”と“成長”を重視したエンプロイヤーブランディング
「ここで良かった」と思われる工場を目指して。“健康”と“成長”を重視したエンプロイヤーブランディング
207_1420_800
ケーススタディ:ソニーのエンプロイヤーブランディング
ケーススタディ:トヨタのエンプロイヤーブランディング
ケーススタディ:トヨタのエンプロイヤーブランディング

エンプロイヤーブランドに関する記事

エンプロイヤーブランディングにか関する記事をご紹介いたします。
1420_9
あなたの会社は求職者からどう見られている?企業の評判・口コミが適切に伝わる方法を解説
1420_429-1
将来に備える:経営管理部門スタッフが望むこと
1033_1420_800
オンライン会社説明会を通じてエンプロイヤーブランドを高めるには
働きたい会社として選ばれるために。企業の魅力を高めるエンプロイヤーブランドとは
働きたい会社として選ばれるために。企業の魅力を高めるエンプロイヤーブランドとは
働きたいと思われる企業になる5つのポイント~中小企業編~
働きたいと思われる企業になる5つのポイント~中小企業編~
エンプロイヤーブランド(勤務先としての魅力)を強化するには?ブランディングに優れた企業のリーダーに学ぶ5つの方法
エンプロイヤーブランド(勤務先としての魅力)を強化するには?ブランディングに優れた企業のリーダーに学ぶ5つの方法

エンプロイヤーブランドの本質

エンプロイヤーブランドに積極的に取り組む企業の人々と文化をご紹介します。
HubSpot Video

Amazonのエンプロイヤーブランド

調査において常に上位にランキングされる、Amazon の文化と人々にはとても驚ろかされます。それを言葉やレポートでお伝えすることは難しいですが、このビデオはエンプロイヤーブランドの本質を理解の助けになると考えます。

サービスラインナップ